妊娠中にインフルエンザの予防接種!予防に充分な効果を発揮

レディ

予防接種を受けるには

ウィルス

インフルエンザの予防接種時期は

インフルエンザが大流行する前に予防接種を受けたいと思っても、予防接種自体がいつからやっているかが分からないということがないでしょうか。インフルエンザの予防接種時期は基本的に、病院によって異なります。平均的には10月など真冬になって大流行する前に予防接種が開始される事が多いです。不明な場合などは、近くの病院などでインフルエンザの予防接種を行いたいが、いつごろから実施しているのかといった旨を相談してみるといいでしょう。

インフルエンザの料金と効果の持続期間

インフルエンザ予防接種は、自由診療にあたるため健康保険が適用されません。そのため、基本的に10割が自己負担になります。しかしながら、予防接種の料金は各医療機関に設定できるため、全国一律ではありません。予防接種の料金は6月~13歳未満の子供が2回の予防接種が推奨されているため、6000~7000程度となります。65歳以上の高齢者の場合、地域による補助金が降りる場合もあります。また、条件によっては無料~2000円程度となっています。適用される年齢の場合は、かかりつけ医や役所の窓口などに確認してみるといいでしょう。また、それ以降の成人については3000~5000円程度かかるのが一般な値段になっています。また、インフルエンザワクチンを接種してからの効果の持続期間は、2~4週間程度から抗体ができ始めて、約5ヶ月間は効果が持続するといわれています。予防接種を受ける際は、重要な期間など先の予定を見据えてから予防接種を受けるようにしまよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加