妊娠中にインフルエンザの予防接種!予防に充分な効果を発揮

予防接種を受けるには

インフルエンザの予防接種を受けるとして、一般的な予防接種が実施されている時期や値段についてまとめました。予防接種を受ける際の参考にして、大事な時期にインフルエンザで倒れないように心がけましょう。

男女

予防に効果的なアイテム

マスクを初めとしたインフルエンザを予防するアイテムは、近年どんどん増えてきています。チェックして生活に取り入れ、室外でも室内でもしっかり予防するように心がけるようにしましょう。

女性

甘酒は飲む点滴

インフルエンザの予防に効果的な物は色々ありますが、最近では甘酒も注目され始めています。甘酒は飲む点滴とも言われるほどに栄養素が豊富に詰まっているため、インフルエンザの予防以外でも健康に生活する上で生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

妊娠中の体調管理

妊娠中は体調不良に気をつけよう

妊娠中は体力が低下しやすく、生活をする上で普段より気にすることが多くなってしまうことや、また精神的な不調から体調を崩す事も出てくるでしょう。体調が安定しない時期だからこそ、やはり健康にはいつも以上に気をつけなくてはいけなくなります。基本的には室内生活になることも多いですが、やはり買い物など外に出る事は必要になるものです。そういう際に気をつけるのは、風邪やインフルエンザを貰わないようにすることです。

妊娠中のインフルエンザの予防接種について

インフルエンザについては予防接種などもありますが、妊婦が受けても大丈夫なのかという不安もあるでしょう。インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンといって、死んだウイルスをもとに作られているものです。そのため毒性はなく、妊娠中に予防接種をしても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされています。インフルエンザの特効薬とされる薬は妊婦の母体に使用したデータ自体がすくなく、はっきりと安全性が確保されているとは言えません。そのため、インフルエンザの治療ガイドラインでは、治療上のメリットが危険性を上回ると判断された時のみ、インフルエンザの薬が処方してもらえます。そういった事態にならないために、やはり予防接種は受けておいたほうがいいでしょう。また、予防接種後に抗体ができるのに2週間から4週間ほどかかってしまうため、期間中は外出する際にマスクを利用したり、人混みを避けたりするようにしましょう。帰宅後の手洗いうがいも予防に充分な効果を発揮するため、欠かさないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加